キャバクラ嬢で成功

稼げるキャバクラは人によって違う

キャバクラで大金を稼ぐために、一番大切な事は何だかわかりますか?
「一生懸命がんばる」「何事もマメに行なう」などのフワフワしたモノではありません。

それはズバリ“自分に合ったお店で働く”という事です。
稼げるかどうかは、お店選びの段階で決まってしまうのです。
「あの店は稼げるけど、この店は稼げない」というのは人それぞれ違い、全員に共通して当てはまることではないのです。

ここであるお話をご紹介しましょう。

地元の村で働くA子さんは、人気No.1キャバ嬢として君臨し、それなりに稼いでいました。
ある日A子さんは、地元と東京では最低賃金が大きく違う事を知りました。
そこで東京に行くことを決めたのです。
地元じゃ負け知らずだったA子さんですが、東京基準で見るとルックスは“中の下”。
時給は高くても、地元にいたころよりも収入が減ってしまいました。
夢破れたA子さんは、逃げるように村へ帰って行きましたとさ。
おしまい。

キャバ嬢の給料は、時給と別途付与されるバックによって大きく変動します。
A子さんの場合、村にいたころは時給が低くても「指名バック」や「ドリンクバック」で荒稼ぎしていました。
それが東京では無くなってしまったのです。
つまりA子さんにとっては、一般的に稼げるといわれている「東京の店」よりも「村のお店」の方が合っていたのです。

自分の魅力を知る

これらは顔面偏差値だけに言える事ではありません。
極端な話をしましょう。
色々あって「橋本環奈ちゃん」がキャバクラで働きだしたとします。
キチンとお店を選べば伝説のキャバ嬢になれること間違いなしです。
しかし、万が一「熟女キャバクラ」へ入店してしまった場合、全然稼げず戦力外通告となってしまうのです。
どれくらい使えないかと言うと、元阪神のグリーンウェルくらいダメです。

商品と言うのは、需要が無ければ売れません。
逆に求められてさえいれば何だって売れるのです。
厳しいですが、これが現実です。
冷静になり、自分を客観的に見ることが大切です。
そして「自分のレベル・ジャンルはこの辺かな?」と正しい選択をしてください。