キャバクラ嬢

キャバクラ求人の実情を知る

男女の人間模様が交差するキャバクラ。
きょうも多くの男性とキャバクラ嬢が、その駆け引きを楽しんでいることでしょう。

そんなキャバクラですが、現在日本には相当な数の店舗が存在します。
それにともない、キャバクラの求人数も増加の一途をたどっています。
その証拠に、専門のサイトや情報誌だけではなく、大手アルバイト求人誌やサイトにもキャバクラ求人があふれている時代なのです。

華やかな仕事の代名詞でもあるキャバクラ嬢は、大金を手にするということだけではなく、カリスマキャバクラ嬢としてメディアに露出する方も少なくありません。
ここでは、キャバクラ嬢を志す方にとって少しでも参考になるよう、あらゆる角度から見たキャバクラ求人について書いていこうと思います。

キャバクラ嬢になるには

その前に、キャバクラ嬢になるための基本的なことに触れておきましょう。
まずは、以下の3つの質問にYesか Noで答えてください。

①18歳未満である
②18歳以上だけど高校生である
③男性、またはニューハーフである

上記の質問にひとつでもYesがあった場合は、残念ながらキャバクラ嬢にはなれません。
ですので、時を待ってから再度このページをご覧ください。
※③のみ、それ専門のお店もありますが、ここでは扱っておりません

以上の3つの質問がすべてNoだった方は、見事、キャバクラ嬢になる資格をGETです!
おめでとうございます!!

キャバクラ求人に応募しよう

では、実際にキャバクラ求人に応募してみましょう。
以下に、基本的な流れを書いていきます。

①キャバクラ求人が載っているサイトを検索
キャバクラ店専門の求人サイトはもちろん、「会いたかった~」と叫ぶ某アイドルの大手アルバイトサイトなどにも掲載されています。
一昔前は「お水系バイト誌」を本屋さんで買って…みたいな流れでしたが、便利な世の中になったものですね♪

②あなたに合った条件で探す
一般的には、お店の所在地、給料などを参考にすることが多いです。
また、以下のような条件検索もよくあります。
・年齢が気になる方…いわゆる熟女系のお店かどうか
・お子さんをお持ちの方…託児所があるかどうか
・昼職とのかけもちを考えている方(Wワーク)…時間に融通が利くかどうか
・地方からの出勤を考えている方…送りがあるかどうか。寮があるかどうか
・その他…身バレしない対策をしているかどうか

③気になるお店が見つかったら、問い合わせしてみる
TELでの直接問い合わせやメール、さらに最近ではLINEでの応募も普通になっています。
未経験の方は、少しの勇気を振り絞って応募してみましょう!

④面接をしてもらう
面接日が決まったら、実際にお店に伺いましょう。
ちなみにキャバクラ嬢の面接は、わりとフラットな感じが多いようなので、肩肘張らずに面接担当者にバンバン自分をアピールしていきましょう!
ただし、いくらフラットだからって、面接時間に遅刻したり、上下スウェットで伺うなんてのはNG。
お店も良いキャバクラ嬢を獲得するために真面目に面接をしているのです。
人として、最低限のマナーは守りましょう!

⑤体験入店してみる
条件面などで気にいる求人があれば、実際に体験入店してみましょう。
現在のキャバクラでは、ほとんどのお店で体験入店制度を設けています。
「実際に働いてみたらイメージと違った」なんてことがないように、体験入店は積極的にしてみることをオススメします!

以上が基本的な応募の流れです。
コンビニやカフェのレジなどと、あまり変わりませんよね。

とはいえ、その他のバイトのようにはうまく進まないのも事実。
華やかで大金が飛び交うキャバクラという世界に飛び込む以上、シビアなこともたくさんあります。

別のページでは、少しでも良いキャバクラ求人を探すためのマル秘テクニックを書いています。
このページで基本事項をおさえたら、今すぐ読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です